IPL治療

新しいドライアイの治療

ドライアイの治療には、目薬や涙点プラグなどがあります。当院ではルミナス社の「IPL M22システム」を使用したIPL治療が可能です。

ドライアイの原因

瞼の内側にはマイボーム腺という脂を分泌する組織があります。この脂は涙の蒸発を防ぎ、目の乾きを抑えています。マイボーム腺がうまく機能しなくなると、涙が蒸発しやすくなり、ドライアイの原因となります。ドライアイの患者様のうち、8割以上の方がマイボーム腺機能不全と言われております。

治療方法

「IPL M22システム」では、目の周りに特殊な光を当ててマイボーム腺の周囲の血流を改善し、油の分泌を促進させます。マイボーム腺の働きが正常になることで、ドライアイも解消されます。治療では、光を当てるだけなので、痛みはなく、眼を傷つけることもありません。治療は数回繰り返す必要があります。

治療の流れ

Step1

眼球を保護するために専用のアイマスクを装着します

Step2

下瞼の下部にジェルを塗ります。事前にお化粧は落としておいてください。

Step3

目の周りをIPLで照射します

Step4

ジェルをふき取り目の周りを洗って終わりです。施術時間は10分ほどです。

エイジングケア

IPLはドライアイの治療だけでなく、エイジングケアにも最適です。そのため、皮膚科でも導入しているところもあります。当院でも同様の治療が可能ですので、ぜひご利用ください。

シミ・そばかす

シミやそばかすは紫外線などの影響でメラニン色素が沈着してできたものです。IPL治療では、沈着したメラニン色素を分解し、数日後に剥がれ落ちます。

肝斑

肝斑は30~40代の女性に多く見られます。シミとは少し異なり、メラニン色素を生成するメラノサイトが活性している状態です。IPL治療を行うことで薄くすることが出来ます。

ニキビ・ニキビ跡

炎症をおこした赤いニキビや、ニキビ跡の改善にも有効です。光を当てて毛穴を引き締め脂の分泌量を抑えます。ニキビ菌殺菌効果もあるので、予防にもつながります。

赤ら顔・毛細血管の拡張

赤ら顔は、毛細血管が拡張してしまい血流が増え、顔にほてりや赤みが生じている状態です。光を照射することで、余分な血管を破壊し、赤ら顔を改善します。

顔のハリ・小じわ

加齢により小じわが気になってきたという方にもおすすめです。コラーゲンの生成を増幅させ、保水力を高めます。これによりお肌のはりが出て、小じわの改善につながります。

脱毛

IPLはスキンケアだけでなく、脱毛も行えます。脱毛したい部分に光を照射すると、光が毛根に吸収され、熱エネルギーが生成されます。これにより毛根が破壊され、脱毛を促進されます。

料金表

IPL治療は自費診療となります。お支払いは各種クレジットカードもご利用いただけます(※JCBはご利用いただけません)

 

詳しい料金についてはクリニックまで直接お問い合わせください。

Tel.03-5842-2232 24hWeb予約
クリニックブログお問い合わせ日帰り手術ドットコム
当院の口コミを見る当院の口コミを書く