医院紹介

医院情報

院名 白山ながみね眼科
住所 113-0031 東京都文京区白山 5-36-9 白山麻の実ビル5F
電話番号 03-5842-2232

アクセス・診療時間

 都営三田線「白山」駅より 徒歩0
A1 出口を出てすぐ左へ。
2軒目のビルの5Fです(1Fは巣鴨信用金庫)

都営三田線「春日」駅、「千石」駅より各1駅。

東京メトロ南北線「本駒込」駅より 徒歩56
1番で口を出て右へ。一つ目の大きな交差点(向丘2丁目)を右へ。
「白山上」の交差点を左へ(旧白山通り)。都営三田線「白山駅」の2軒手前のビルの5F (1Fは巣鴨信用金庫

東京メトロ南北線「東大前」駅より約徒歩10分

白山エリアに限らず、千石、春日、小石川方面よりたくさんの患者様にご来院いただいております。

診療時間

  日・祝
10:0013:00 ×
15:0019:00 ×

△土曜日は午前 10:0013:30 午後 14:3017:30
※平日の受付時間は午前は12:30まで、午後は18:30までとなります。
※土曜日の受付時間は午前は13:00まで、午後は17:00までとなります。

※火曜日は休診日ですが、患者様のご要望があれば手術を行う場合もあります。

 休診日: 火曜日,日曜日,祝日

医院紹介

設備紹介

光干渉断層計(OCT

 光干渉断層計(OCT)(二デック社 RS-3000Advance)網膜の形状や病変を観察し、神経の厚みを測ることができる機器です。これまで平面的な2D画像で情報を得ていた網膜や眼内組織を、3Dで立体的に観察できます。緑内障、加齢黄斑変性症や糖尿病黄斑浮腫などの網膜脈絡膜疾患の正確な診断のために使用します。

 

自動視野計

自動視野計(ハンフリー)網膜の光に対する感度を測る機器です。決まった範囲内の感度を調べる測定静的量的視野検査ができます。緑内障などでは、視神経や網膜に異常をきたして視野が欠けていきます。この検査で定期的に視野を計測して進行状態を確認します。

 

角膜内皮細胞撮影装置

角膜内皮細胞撮影装置(TOMEY社_EM-3000)角膜内皮細胞撮影装置角膜の内側にある細胞の形状を撮影して解析します。角膜の病気を診断するために有用な機器です。

角膜形状撮影装置

角膜の形状を解析する機器です。角膜の疾患だけでなく、白内障手術の前に角膜の乱視を詳細に調べるためにも使われます。

網膜電図

網膜色素変性症などの病気診断に用いる検査機器です。網膜に光を当てて、網膜の電気的な反応を調べます。出てきた波形により、網膜の状態を確認します。

レーザー治療機器

レーザー光凝固

info_img01レーザー光線によって眼疾患部を凝固して治療する機器です。糖尿病網膜症、網膜剥離、緑内障などの治療に使われます。

CO2レーザー(炭酸ガスレーザー)

レーザー光凝固眼瞼下垂や眼瞼内反症などの外眼部に対する手術や、シミ除去や皮膚腫瘍の切除など幅広治療が可能です。

手術室の機器

手術用顕微鏡

手術用顕微鏡当院では、すべての眼科手術を顕微鏡下で行っております。より安全に、精密で丁寧な手術を短時間で行うことが可能です。

センチュリオン(白内障手術装置)

センチュリオン水晶体を短時間で砕いて吸引でき、術中の眼内圧変動を抑えて合併症リスクを大幅に軽減する事の出来る最新機器です。短時間でより安全な手術を行うことが可能です。

Tel.03-5842-2232 24hWeb予約
クリニックブログお問い合わせ日帰り手術ドットコム
当院の口コミを見る当院の口コミを書く